会社情報

沿革

大正10年(1921) 髙木留蔵、和歌山市畑屋敷向之芝に於て髙木彫刻所開設
捺染用ロール彫刻加工を始める
昭和09年(1934) 中華民国上海に上海工場開設
昭和23年(1948) 髙木彫刻株式会社設立、資本金50万円
髙木秀夫 代表取締役に就任
昭和30年(1955) 網点グラビア製版方式を応用して捺染用写真彫刻加工を開発、製造開始
昭和33年(1958) 銅メッキ部門操業開始
昭和41年(1966) 電鋳工場新設・硫酸銅メッキ槽36槽設置・硬質クロームメッキ開始
ロータリースクリーン製版を開始
昭和42年(1967) アフリカ向輸出及び技術者派遣・技術指導開始
昭和43年(1968) グラビア製版加工開始
昭和44年(1969) エンボス彫刻加工開始
台湾髙木彫刻設立
昭和47年(1972) ロータリースクリーン・パーフォレイティッドシリンダー製造開始
ロータリースクリーンガルバノ製版方式加工開始
ロータリースクリーン新技術開発(ピアス方式)に成功、 中小企業金融公庫より国産新技術の企業化資金を導入して製造開始
昭和48年(1973) 浜松工場開設、捺染用ロール彫刻及びフラットスクリーン製版操業開始
昭和51年(1976) 米国ジョージア州メイコン市にT.K.G.INTERNATIONAL CORP.設立 、和歌山市本社所在地に本社工場ビル建設開始
昭和52年(1977) 4階建本社工場ビル完成
大阪工場、スクリーン工場、グラビア工場、和歌山工場を本社工場に集約合理化し操業開始
T.K.G.社 50万ドルに増資
中米コスタリカにFICSA設立
昭和54年(1979) 電解ニッケル箔製造開始、電鋳ニッケル部品製造開始
昭和56年(1981) T.K.G.社 60万ドルに増資
昭和61年(1986) 電解ニッケルドラム、ニッケルスリーブ製造開始
昭和62年(1987) 髙木玉和 代表取締役に就任
平成02年(1990) ニーフ工場開設
平成03年(1991) T.K.G.社新工場開設
平成04年(1992) (株)ニーフテック設立
浜松工場新社屋完成、ロータリースクリーン製版開始
平成06年(1994) 岩出倉庫完成
平成09年(1997) 電鋳工場新排水処理設備工事完成
平成10年(1998) 創立50周年記念式典挙行
本社排水処理設備改修
RSIロータリースクリーン製版設備導入
平成11年(1999) 第1、2回私募債 1億円発行
グラビア電子彫刻機導入
ロータリースクリーン レーザー彫刻機導入
平成12年(2000) ワルター社製研磨機導入
平成13年(2001) (株)ニーフテック創立10周年記念式典挙行
硬質銅メッキ装置導入
大判フラットベッドイメージスキャナー導入
平成14年(2002) 第3回私募債 1億円発行
平成15年(2003) エンボスロールミル作製用デジタル彫刻設備導入
平成16年(2004) 第4回私募債 1億円発行、第5回私募債 1億円発行
平成17年(2005) 第6回私募債 2億円発行
平成18年(2006) レーザーイメージャー導入
平成19年(2007) 経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社(2007年度版)」に選定される
平成20年(2008) 創立60周年記念式典挙行
小雑賀工場開設
浜松工場閉鎖
平成21年(2009) 髙木玉和 取締役会長に就任
髙木秀仁 代表取締役に就任
平成23年(2011) レーザーイメージャー2号機導入
台湾髙木彫刻を業務提携会社に変更
T.K.G.社を業務提携会社に変更
平成24年(2012) 電鋳工場第3棟完成
平成25年(2013) 創立65周年記念式典挙行
平成26年(2014) (株)和北精機を子会社化